NIKE脱獄(Jailbreak)ランナーへの天罰か!GoogleSearchConsoleからnoindexエラーで雷が落ちた

Blog
スポンサーリンク

ええええええ、前日には書いたはずの記事が無くなり404エラーページが表示されると言う酷くいじめ的な罰であたふたしているところに、1通のメールが届く。まあこの404エラーの件は後日記事を書こうと思う。

このメール、差出人はGoogle search consoleさんからだった。内容はこうだ…..

えええええ⁉️

なっなっ何が起きたのだ?

これ自体にびっくりしたわけではないのですが、この内容の『このエラーによって検索結果に表示されない可能性がある』と言う脅し(笑)文言に冷や汗が出た。

今思えば、クローラーがしっかり仕事をしてくれてAIR MAX MORRY1971(http://nikeesports.net)がGoogleクローラーに認識してもらえてるって思えるのですが、これがきた時は、どうすんのぉぉぉぉ〜って感じでしたよ。

さて、今回はこのエラー現象の理由と、処理方法即ち脱獄(Jailbreak)的Googlesearchconsoleエラー回避技を紹介しようと思います。先に言いますが、

チェック

このメールは取り敢えず問題ないよ、安心して!

回避技と銘打ってはいますが、実は本日時点で解決はしていないのです。修復改修処理から2,3週間経たないとGoogleさんから結果の連絡が来ない様ですね。ちゃんとGoogle search consoleにもそう回答が出ます。

数日かかる?

では、Google search consoleでどの様なカバレッジ状況なのか説明します。

突然のERROR
検索結果に表示されない???
sitemapのHTMLじゃん?
NOINDEX?

どうやら、sitemap.htmlで何か起こっているらしい。sitemap?あっ、確かにsitemap.htmlは来訪者向けに用意したけど、これcocoonのショートコードで自動作成してもらってるページだぞ??noindexっていってもこのページの何か設定なのかな?ページ設定のnoindexのチェックボタンは問題ない。何故だ?

robotsメタタグ?でnoindexが検出?除外された?? ググる。、、、、あっ。これかぁ?

Google XML sitemapsと言うプラグインが関係してるみたいだ。そもそも論、このGoogle XML sitemapsって何ですか?と言うところからになるだろう。どぞ↓↓

GoogleXMLSitemapsって何?

確かに少し前に適用したプラグインですね。Google検索用に検索エンジン(Googleクローラー)に素早く更新や生成といったサイト情報を通知するsitemapを都度自動生成してくれるプラグインです。検索エンジン(Googleクローラー)用のプラグインの為、自動生成される内容はGoogleの推奨する記述に沿っているとの事。また設定で更新情報をしていし敢えて検索エンジンに認識してほしいページを指定することもできる。そういったプラグインです。

このGoogle XML sitemapsによって検索エンジン(Googleクローラー)にしっかり認識してもらうのだが、クローラー用のsitemapと来訪者用sitemapとが重複してしまい何か良からぬ状況を作り出している様だ。

ワットソンさん
ワットソンさん

良からぬことって何?

Morry
Morry

えええええとですね・・・・

Morry
Morry

あ、、、、分からない、、、どう説明しようか??

Morry
Morry

ごめんなさい。スルーしてください(笑)

ワットソンさん
ワットソンさん

えええええ、なんだぁ~知らないのぉ?

まあ、兎にも角にも、そこ辺りに原因がある様で、やれる処理は、このプラグインの設定にあるhtmlのsitemapは含まないのチェックボタンを外す事だけの様だ。取り急ぎ。では、その様にいたしましょう。

プラグイン内の設定項目

これで、Google search consoleのカバレッジのエラー指摘ページから修正更新をして待つことになる。

難しいのやら簡単やらで、なかなかおばかさんには理解し難いが、これで、問題解決なら楽なものだ。が、しかし実はAIR MAX MORRY 1971が心配した検索に引っ掛からなくなる様な状況とは、どうやら単にこのエラーが出ているページが検索から漏れると言うことらしい。なので、最悪を考えてもこのままでも良いと言ったのはそう言うことである。但し、間違わないで欲しいのは、このsitemap.xmlに対するnoindexエラーに関してのみの話だと言うことだ。エラーをそのまま放置するのも気持ちの良いものでもないのでこれでエラーが無くなれば安心である。

この結果は、後日ブログで報告しようと思います。このページが、同様のエラーで精神的に(笑)困っている方の解決の一つとなることを節に願います。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました