NIKE脱獄ランナーの携帯回線と固定回線の話。通信量無制限結界突破、楽天モバイルは神回線になったのか?

NIKE脱獄ランナー Blog
スポンサーリンク

iPhone12やら5Gやらミリ波やら基地局やらと最近はIT関連の専門用語が慌ただしくなってきていますね。そんな状況でも我が家は安定した低速ADSL回線なのです。先ほどADSL固定回線のスピードテストを行ったんですが、なんとこんなご時世上り215kbps、下り6.1MbpsとよくまあApex(ネットげー)がやれてるなと感心するほどの低回線ぶり(笑)。

我が下僕からはGAME動画のアップロードが全くできないと文句の雨あられ。その昔モデムという回線機器が一般的だった頃を知っている身としては上り回線の低速なんて当たり前だと叫びたいのですが、それはそれとして、いよいよADSLが終了するというのは、遠い未来ではなく数年後の話であるとYahooからの通知もあります。しかし、現時点で光回線のコストパフォーマンにはあまり納得していないというのが本音であります。

光回線には納得していないとすると、他の手は?っという事になるのですが、なかなか代替案が見つからない。そんな折、無料1円祭りで入手した楽天モバイル回線が、楽天モバイル専用エリアを地元まで伸ばした?伸ばす?という情報が入ったのですよ。

この楽天モバイル回線、皆様もご存知の通り楽天モバイル専用エリアなら通信量無制限という神回線なんです。これは都市圏では結構話題なっており、楽天モバイル専用エリア内においては現在最強ではないかと言われているんですが、それ以外のエリアですと、AU回線を使う事になるんです。

今からでも遅くありませんので楽天モバイル300万人早い者勝ちキャンぺーはこちらをどうぞ。

スピードの話は後ほどお話しするとして、この楽天モバイル専用エリア通信とAU回線間借りエリアとでは、コストパフォーマンスにおいて圧倒的な違いがあるんですよね。当たり前です、AU回線エリアでは、当時通信量規制の初期契約上限が3GBまでなんです。制限がかかっても1Mbpsってのはお優しいとは思いますが通信制限があるかないかなんて天と地ほどの違いがあるのはヘビーユーザーなら尚更ですね。後程3GB縛りから5GBに拡張されたことに関しては、褒めても良いと思いますけどね、頑張れ楽天モバイル。

まあ、私的に当然ではありますが、1年間月額無料の契約ですから、値段的な事を言うつもりはありませんが、通信制限については大きな問題です。勿論、価格的な問題は1年後この回線を維持するかどうかの、楽天モバイルにとっては非常に重要な問題だとは思います。このまま私を釘付けにできるかどうか?は、別の方同様ユーザーを無料から有料にひっぱり込めるかどうか?会社の命運がかかっていると言っても過言ではないでしょう。

話を戻します。では、この通信制限が今、私にとって何故そこまで重要になったか?今の今まで1円祭りだったから貰って殆ど使用してない楽天miniのどこが重要端末or 回線に変貌したのか?

そう、私の家のエリアが楽天モバイル専用回線エリアになるのなら、通信量無制限という事になる。だったらこの回線を固定回線にしてしまえば、速度さえ出れば安いという事なんです。だって電話もできる2980円/月の通信回線が手に入るのです。しかも、楽天miniもモバイルルーター化すれば、家庭内無線ルーターとなるのです。素晴らしい。

では、仮にエリアは希望にかなったとしましょう。しかし、それで、速度が今のADSLより遅いのであれば利用価値はないのです。そこでまずは楽天MINIを使って現在の我が家での端末のみの速度を計ってみましょう。

なかなかの速度

下り速度8.1Mbps、上り速度10Mbps 

上り回線の速度は優秀ですね。下りは少し残念な結果です。契約数日の時は20Mbpsほどのスピードを記録していたので、少し期待していましたが、やはりそんなにうまくはいかないですね。通信量無制限という好条件があってそれでもなお文句言うのはなんではありますが、、、、(笑)。

しかし、現在のADSL回線のスピード結果からすると、同等以上の回線スピードになるので安定さえすれば固定回線化するのは、間違っていないと思いますね。(通信量無制限この響きは凄すぎます)

さてしかし、楽天モバイルが固定回線化できることが分かりましたが、通信速度に不満が残ります。それと、実際モバイル端末で色々やる訳ではなく動画のサブスクやPS4やPS5での通信がメインになると思う。そうなると、固定回線化した楽天MINI無線ルーターへの接続スピードが重要になってくるわけです。

WiFi接続の通信速度は各無線規格に依存するのですが、楽天MINIのスペック的にはほぼすべての無線規格に対応可能なので、接続する端末に依存する形になりますね。現在支流の無線規格は11acとなり速度は290Mbps~6.9Gbpsですからこの規格の接続は問題ないでしょう。PS4は、本体のVersionによって搭載無線LAN機器のスペックが異なります。CUH2000やCUH7000には5GHz帯対応の高速接続可能機器が搭載されている為、下記方法で2.4と5.0を選択でき比較的高速接続できるはずです。

テザリング設定

【設定】→【ネットワークとインターネット】→【アクセスポイントとテザリング】→【詳細設定】→【AP帯域幅】→【5.0】

私のPS4は古いタイプなので、恐らく5.0設定にすると楽天MINIを見つけることが出来ないので低速無線LANのタイプだと推測されます。そうなると11bか11gということになりますが、理論上は11M~600MbpsもOKなのです。まあ最低11Mbpsだとしても上記画像の速度範囲なので接続端末が速度の低下の原因とは考えにくいですね。

安定という事であれば、有線接続に勝るものはないので、あえて有線LAN接続用の変換LAN機器を購入してUSB-TypeC接続させてHUB等で有線接続のLANを構築する手もあるのでしょうが、今のご時世あまりお勧めはしないですね。

試していませんが、楽天MINIはそれ程神経質になる必要もない様なので、Amazonでこんなの購入しても使えそうですね。

下りスピードについては今のところ、どうしようもなさそうだね。もしかしたら楽天モバイル専用エリアの前にAUの間借りエリアであった時は、幸か不幸かAUの中継局が近かったのか、その状況での22Mbpsだったってことかな。残念だね。

まあ、しかし私の家周辺が楽天モバイル専用エリアになったことで、通信制限の結界が外れて通信量無制限となり、少なくとも楽天MINIを無線ルーター化するメリットはあるという事で、しばらくは動画視聴とネットゲームを別回線で利用できるという何となくメリットな感じの使い方で様子を見ようと思う。

流石に表題のように神回線というわけにはいかないが、今後の可能性を感じさせられる状況にはなりましたよ。楽天モバイルの1円無料祭りは良い方向へ向かっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました