【楽天ブックス限定先着特典】劇場版「鬼滅の刃」無限列車編【通常版】(オリジナルトランプ) [ 花江夏樹 ]

NIKE脱獄ランナーのが無料でYouTubeチャンネルOP制作中

スポンサーリンク
NIKE脱獄ランナー Blog

好みの問題なんでしょうね、YouTube動画編集でどうしても自分のネタ動画よりも、曲であるとか、OPであるとか、EDであるとかに時間を費やしてしまう傾向にあります。肝心の動画は?って話になるんですけど、まあその話は置いておいて、では完璧なOPを作ってみようってことになりまして、作ってみましたのでご覧ください。

当たり前ですが、すべて著作権Free素材となります。

その辺りの素材集めにも良いサイト紹介もしていますので、参考に^^

まずは、最新のOP入りの動画をご覧下さい。動画部分も暇ならどうぞ。

暇人脱獄ブログの自作OPからのAviUtl動画編集】腕時計のMOD化に伴いSEIKO 7T92Aのクォーツ時計を分解してみた!!破壊神の為、リューズ抜けず戻せないのです。
OP部分が異様に長いですよ(笑)

どうでしたでしょうか?では、紹介していきますね。

さて、これから紹介するモノはすべてFREE素材です。著作権が放棄されたわけではなく、ある一定のルール内であれば自由に使用できるといった素材となります。(著作権フリーという表現は間違いが起きる可能性がありますので注意してください)

単純なルールにさえ抵触しなければ、無料で使用でできますのでありがたく使用しましょう。

スポンサーリンク

これが無くては始まらない動画編集ソフト『AviUtl』

今更説明不要のハイパー動画編集ソフトです。個人的に触り初めて1か月も経っていませんけど、どんなことにも対応できるんじゃないかと思えるほど、無料でありながら機能豊富さはひしひしと肌で感じることができる。まあ、このソフトの機能の50%も使えるようになれれば、セミプロレベルの動画編集者になれるんじゃないでしょうか?

無料であるがために、初心者には少しとっつきにくい点や独自で機能を拡張していかなくてはいけない点、いまいち安定しない点等、やはり無料だねと思わせる部分も見え隠れするが、言ってしまえば、素人に毛が生えた作業者が使うには、十分だし、この位が使えなくては動画編集には向かないだろうとも思う。

OPとくれば歌入りの曲『dova-syndrome』

何と歌入りの著作権FREEの楽曲が置いてあります。音楽やBGMといったものを置いてあるところは、意外とあるんですけど、曲として提供してくれている場所はそうはないんですよね。貴重です。

いつもありがとうございます。

ボーカル付きはこちらからどうぞ

OPには欠かせません、人物(モデル)素材『Pixabay』

みんな大好き、外人さんが数多く置かれている素材サイト。センスがよい背景画とモデルさんとのコラボ画像がおおいので、助かります。

例えば雨関係でSearchしますと、、、、

動く素材集めには、外国サイトですが『Videvo』

AviUtl使ってくると、やはり背景素材に動画を入れたくなります。文字のクリッピングやら、単純に動く背景とか。そんな時に便利なサイトがここです。

動画編集全編を通して装備必須なのが、『フォント』

AviutlはWindowsにインストールされているフォントなら基本すべて使用できるようになっています。勿論、セットした際、表示されないフォントもありますけど、基本的には自身のWindows内に入っているフォントは使用できます。逆に、持っていないフォントは使用できないということから、できる限りフォントは入れておいたほうがいいと思います。

Windowsフォントに関しては、Aviutlだからって話ではないので、詳細は割愛しますが、Google先生なんかに、Windows フォント 無料 なんてキーワードで探せば大量に出てきます。

例)ネオン管を表現したいフォントなら、、

個人的に、今回OPの最後に使用しているネオン表示なんですが、ネオンフォントにAviutlのライト機能を使ってネオン管っぽく加工しています。あの光り方探したんですが、すぐに利用できる感じでの提供がどこにもなかったので、光る部分は自分で表現しました。

ネオンフォント集

フォント名は『Neoneon』

因みに、レイヤーのタイムラインはこんな感じになります。凝ってる方々なら、もっとうまくやるんでしょうけどね。

点いたり消えたりに処理がしたかった

で再生すると、こうなります。

技とイマジネーションは自分で用意!!ポイントは?

あとは、構想と発想ですね。あまり色々な技を使うのもどうかと思うが、折角のAviUtlだから技術を磨きつつ、成長できるほうがいいかな。頑張って制sカウしましょう^^

あえてポイントを挙げるとすると、音楽と画像のタイミングをしっかりとることですね。リズム感ということです。そこを最低限管理できるとメリハリが聞く良い動画になります。さあ、Let’sTry.

何かご質問があるなら、ご連絡くださいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました